主婦のキャッシング審査PONIT

主婦のキャッシングの契約と手続き - 主婦のキャッシング審査PONIT

主婦のキャッシング審査PONIT > 主婦のキャッシングの契約と手続き

主婦のキャッシングの契約と手続き

主婦がキャッシングを利用する場合、契約や手続きはどのように行えば良いのでしょうか?

まずパートやアルバイトで収入を得ている主婦の場合です。
本人確認を可能とする身分証明書を用意しましょう。
免許証やパスポート、健康保険証などです。
印鑑は基本的に必要ありません。
収入があるので保証人も必要ないでしょう。
ただ借り入れる金額次第では源泉徴収票などが必要になる場合があります。
手続きについては金融機関、銀行などによって違ってきます。
インターネットで全て完了することができる場合や、実際に店舗に足を運ぶ必要がある場合があります。

自分自身に収入がない専業主婦で配偶者の同意を得られる主婦の場合、少し必要書類が多くなります。
住民票、婚姻関係の証明書、配偶者の同意書、配偶者の収入証明書などです。
ただこれは総量規制の例外規定である配偶者貸付を利用する場合、つまり貸金業者のキャッシングを利用する場合です。
銀行のカードローンであれば本人確認書類のみで契約、手続きが可能となります。
つまり実質的に収入のない専業主婦でも銀行であれば配偶者に知られることなく手続き、契約することが可能なのです。

基本的には銀行のキャッシングを利用することをおすすめします。
理由は自分だけで手続き、契約をすることが可能だから、ではありません。
単純に金利が安いからです。
たとえ自分の本人確認書類のみで申し込めると言っても、配偶者の同意は必ず得ておくことをおすすめします。
自宅に郵便物が届き、それを配偶者に見られてばれてしまい、トラブルに発展したケースも多いです。
お金を借りるのですから、家族に内緒で、というのはやはりおすすめできません。

top